風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Category銚子電気鉄道 1/1

千葉・昭和の頃(5)

...

  •  0
  •  -

千葉・昭和の頃(4)

...

  •  0
  •  -

千葉・昭和の頃(3)

...

  •  0
  •  -

千葉・昭和の頃(2)

...

  •  0
  •  -

千葉・昭和の頃(1)

...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 雨(8)

雨に濡れた小さな駅に、一つ一つ停まってゆく。硬めのシートに腰掛けて、揺られ旅する時間。[2006/11 西海鹿島駅 銚子電気鉄道銚子行 車内(800形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 雨(7)

...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 雨(6)

...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 雨(5)

...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 雨(4)

...

  •  2
  •  -

銚子電気鉄道 雨(3)

...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 雨(2)

...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 雨(1)

...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 残暑(4)

古めかしい車両が、ガタンゴトンと大きく揺れながら走ってゆく。海に近いこの駅に着いた列車は、晩夏の空の下に観光客を降ろして、がらんと空いていた。[2008/9 犬吠駅 銚子電気鉄道外川行(800形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 残暑(3)

いつの時代から、このホームの夜を照らしているのだろう。まるである映画のワンシーン。今晩には、また乗客がこの街灯の灯りの下を通るのだろう。[2008/9 銚子電気鉄道本銚子駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 残暑(2)

手書きの時刻表が味わい深い。坂を登った、近くの駄菓子屋であれもこれも買って、お菓子を頬張りながら列車を待つ待合のベンチ。[2008/9 銚子電気鉄道本銚子駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

銚子電気鉄道 残暑(1)

森の小道、妖精が遊びに出てきそう。絵本とちょっと違うのは、ここに轍ではなく、鉄路がのびていることくらいだ。[2008/9 銚子電気鉄道本銚子駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -